Molecular Phylogeny of Some Passeriformes, Based on Cytochrome b Sequences.

この論文にアクセスする

著者

抄録

ミトコンドリアのシトクロムb遺伝子の部分配列646塩基と18Sリボソーム遺伝子の部分配列293塩基をヒタキ科を主とするスズメ目の鳥20種について決定した.シトクロムb遺伝子の塩基配列から作成した分子系統樹はツグミ属の単系統およびアカハラ,シロハラ,マミチャジナイの近縁関係を高い確率で示した.しかし,トラツグミはツグミ属の分岐に含まれず,ツグミ属とは異なった種であることが示された.ハシブトガラスは20種からなるスズメ目系統樹において最も先に分岐し,他の科と遺伝的に離れた関係が示唆された.また,ムクドリはヒタキ科と同じ分岐に含まれ,カラス科との類縁関係は認められなかった.ホオジロ科,ハタオリドリ科,メジロ科の3科は同一系統である可能性が示唆されたものの,スズメ目全体の科の系統関係は明かとならなかった.18Sリボソーム遺伝子の塩基配列はルリビタキ,イソヒヨドリ,キビタキの3種以外のスズメ目の種で一致していた.これらの3種は塩基配列の同じ部位に同じ塩基の置換が1ヶ所あり,これら3種が共通の祖先から分かれたことを示唆するのではないかと考えられた.

A 646bp fragment of the mitochondrial cytochrome b gene and a 293bp fragment of the 18S ribosomal RNA gene were sequenced from 20 species of the Passeriformes, primarily of the family Muscicapidae. Phylogenetic trees of the cytochrome b gene indicated monophyly of the genus <i>Turdus except T. dauma</i> and close relationships among <i>T. chrysollaus, T. obscurus</i> and <i>T. pallidus</i> with a high bootstrap probability. The tree showed an early divergence of <i>Corvus macrorhynchos</i> from the other Passeriformes. <i>Sturnus cineraceus</i> was not closely related to <i>Corvus macrorhynchos</i> and included in the branch of Muscicapidae with a relatively high bootstrap probability. Although the trees suggested monophyly of the families Emberizidae, Ploceidae and Zosteropidae, the relationships among the families of Passeriformes were unclear. The sequences of the 18S ribosomal RNA gene were the same in the Passeriformes examined except the <i>Tarsiger cyanurus, Monticola solitarius</i> and <i>Ficedula narcissina</i>. These three species shared a single substitution at the same position, suggesting monophyly of the three species.

収録刊行物

  • 山階鳥類研究所研究報告  

    山階鳥類研究所研究報告 28(1), 1-8, 1996 

    Yamashina Institute for Ornitology

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003572806
  • 本文言語コード
    EN
  • ISSN
    0044-0183
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ