発生源空間分布から見た廃棄物輸送・再資源化施設の適正配置に関する研究 Study on Waste Transportation and Appropriate Allocation of Recycling Facility by Spatial distribution of Waste Discharge.

この論文にアクセスする

著者

抄録

廃棄物の再資源化は主に収集・輸送・再資源化の工程からなる. しかしながらそれぞれの工程において新たなエネルギー・資源を使用している可能性があり, 再資源化自体が環境負荷の増加を招いているケースも少なくない. 本研究では低環境負荷型の循環型社会構築を実現するため, 地域内での廃棄物発生空間分布の把握, 廃棄物を再資源化施設までに輸送するための収集・輸送領域の決定, 廃棄物輸送時のエネルギー消費量を最小にしつつ適当な処理規模での再資源化が可能となるような地域内での適正な再資源化施設の配置について検討した.

A waste recycling network consists of collection, transportation, recycle and so on. But each process uses new energy or resource and the waste recycling is possible to bring about an increase of environmental load. In this study, to realize the waste recycling process to design a new society with low environmental load, 3 matters were investigated; 1) grasp of spatial distribution of waste discharge, 2) transportation between waste discharge site and recycling facility and 3) allocation of recycling facility in region that a energy consumption in waste transportation is minimized and treatment volume per recycling facility is appropriate.

収録刊行物

  • 環境システム研究論文集

    環境システム研究論文集 30, 315-322, 2002

    Japan Society of Civil Engineers

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003775173
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1345-9597
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ