生産・流通を考慮した地産地消・旬産旬消によるCO2排出量削減に関する研究 A STUDY ON CO2 EMISSION REDUCTION EFFECT OF LOCAL PRODUCTION FOR LOCAL CONSUMPTION AND SEASON PRODUCTION FOR SEASON CONSUMPTION BY CONSIDERING PRODUCTION AND TRANSPORTATION

この論文にアクセスする

著者

抄録

本研究は地産地消による環境負荷の変化を評価することを目的とした. キャベツとトマトに着目し, 地産地消によるCO<SUB>2</SUB>排出量削減効果を生産と輸送工程を考慮して推計した. その結果, キャベツは年間で12, 000tのCO<SUB>2</SUB>排出量を削減する可能性が示唆されたが, トマトは6, 000tに留まった. 生産の時期をずらす旬産旬消の効果を推計した結果, トマトは冬春から夏秋に一人当たり150gの消費量をシフトすることによって13, 000tのCO<SUB>2</SUB>削減効果が示唆されたが, キャベツは同程度のCO<SUB>2</SUB>削減効果を得るためには2, 000gを夏秋から春ヘシフトしなければならないという結果になった. 農業からのCO<SUB>2</SUB>排出量を削減するためには, 産地や季節を考慮した適産適消が有効である.

The purpose of this paper is to evaluate the CO<SUB>2</SUB> emisson by Local Production for Local Consumption (LPLC). In case of cabbage, the reduction of CO<SUB>2</SUB> emisson by LPLC is 12, 000 ton/year. However, in case of tomato, that is 6, 000ton/year. In addition, we calculated the reduction of CO<SUB>2</SUB> emission by Season Production for Season Consumption. In case of tomato, CO<SUB>2</SUB> emisstion can be reduced in 13, 000 ton by shifting 150g/person consumption from spring/winter to summer/autumn. On the other hand in case of a cabbage, that is 2, 000g/person consumtion from summer/autumn season to spring. Optimum Production for Optimum Consumption should be considered in CO<SUB>2</SUB> emission reduction.

収録刊行物

  • 環境システム研究論文集

    環境システム研究論文集 34, 135-142, 2006

    Japan Society of Civil Engineers

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130003775261
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1345-9597
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ