ゼロエミッションを目指した地域物質循環ネットワークの構築とシナリオ策定手法 Establishment of regional material cycle network and methodology of scenario proposal for zero emission.

この論文にアクセスする

著者

抄録

21世紀に向けて地球に優しく、安全で映適な生活を維持できる人間活動および生産活動を創生するためには、廃棄物環境への排出、すなわちエミッションをできるだけゼロに近づける社会・産業・生産システムが構築されなければならない。このような社会的要請を実現するため、文部省科学研究費補助金特定領域研究(平成9年度~12年度)「ゼロエミッションを目指した物質循環プロセスの構築」が実施されてきた。その中でAO3班は、「物質循環を記述する数理モデルの構築と地域ゼロエミッション化の予測および評価」という課題名で、地域ゼロエミッションを実現するための方法論とその評価手法に関する研究を行ってきた。わが国における物質の流れと利用量の現状を明らかにした上で、適当な規模の人間活動・生産活動を維持しながら資源・エネルギーの消費量と環境への汚濁負荷をどこまで削減することが可能かを検討し、ゼロエミッションをめざした新たな物質循環プロセスを構築するシナリオの策定を検討した。さらに、ゼロエミッション施策を導入するためには、未利用物質の品質維持、住民合意形成、関連法律の整備、経済影響に関する検討が必要である。

To maintain sustainable development, that is, to create entire human activities for good quality of life, a social system, which minimize emission to be zero, should be established. To actualize such kind of social request, the research project "Zero Emissions Oriented Material Cycle Processes" supported by Monbusho (The Ministry of Education, Science, Sports and Culture; Grant-in-Aid for Scientific Research on Priority Areas have been performed from 1996 to 2000. In this project, group A03, construction of a mathematical model describing material cycle and prediction/evaluation of regional zero emission, has been investigated as a methodology to actualize regional zero emission and evaluation. In order to establish regional zero emission, current material flow and utilization should be cleared, reduction potential of resource/energy consumption and pollution load should be analyzed with maintaining human and manufacturing activities, and zero emission oriented new material cycle process should be evaluated. It is desirable that total quality management of waste, citizen participant system, environmental law and economical effect should be further investigated for sustainable development of our life and societies.

収録刊行物

  • 環境科学会誌

    環境科学会誌 14(4), 391-401, 2001

    SOCIETY OF ENVIRONMENTAL SCIENCE, JAPAN

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004304021
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0915-0048
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ