ゼロエミッション・シミュレータの開発 Development of the zero-emission simulator

この論文にアクセスする

著者

抄録

 本研究では,地域社会における廃棄物処理の最適化を目指したコンピュータソフトウェアとして,ゼロエミッション・シミュレータの開発を行った。本システムでは,シミュレータに表示された地図上に仮想的な廃棄物処理施設と廃棄物発生の分布を設定し,各メッシュにおける廃棄物輸送コストの計算を行うことが可能である。廃棄物輸送コストは各メッシュから処理施設までの距離と廃棄物量との積として定義される。廃棄物の発生分布は統計資料より推計する。距離の算出については,単純な直線距離による近似ではなく,実際の道路地図を用いたより正確な近似計算を行うことにより,より現実に近いシミュレーションを実現した。本システムでは処理施設の設置位置や処理能力,設置個数などを変化させ,それぞれの総輸送コストを計算し,比較,検討することにより,地域社会における廃棄物輸送コストの最小化を実現することが可能である。本論文では,このシミュレータの機能,使用方法および,愛知県における適用例について報告する。

This paper developed a computer software for zero-emission simulation to optimize the waste disposal process in local community. A user sets waste disposal plants and waste discharge distribution on a map for the simulator to calculate a cost of waste disposal. The cost of waste disposal is defined as the product of distance and amount of waste. The waste discharge distribution is estimated by statistical data . To achieve accurate simulation, actual road maps are used to estimation of distance between disposal plants and waste sources. By calculating the total cost with various parameters, optimization of the cost of waste disposal is achieved . In this paper, the functions and the usage of this zero-emission simulator are reported.

収録刊行物

  • 環境科学会誌

    環境科学会誌 18(1), 29-40, 2005

    SOCIETY OF ENVIRONMENTAL SCIENCE, JAPAN

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004304124
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0915-0048
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ