多発性硬化症専門看護師をめざして MS Specialist Nurse

この論文にアクセスする

著者

抄録

多発性硬化症: Multiple sclerosis (MS)は, 若年者に好発し, 再発と寛解を繰り返す慢性・難治性の神経疾患である. 患者のQOLをあげるためには, 看護師が積極的に介入することが望ましく, 看護師には幅広い知識が求められる. 欧米では, MS専門看護師が数多く活躍しており, インターフェロンβ療法の成功に大きな役割を果たしている. 日本にはMS専門看護師はまだ存在しないが, 日本看護協会の認定する専門看護師, 認定看護師のほか, 独自のエキスパートナースを設置している施設も多い. MS患者の数は年々増え続けており, 新しい治療薬が次々と開発されている. MS専門看護師は, 今後, 多くの医療機関から求められる存在となるであろう.

収録刊行物

  • 医療

    医療 62(6), 350-353, 2008

    Japanese Society of National Medical Services

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004316861
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0021-1699
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ