基礎自治体の物質フロー推計手法の開発:愛知県田原市を例として Analysis method of material flow in municipality:Case in Tahara City, Aichi Prefecture

この論文にアクセスする

著者

抄録

 物質フロー分析(MFA)は対象システムにおける物質の流れを可視化する手法であり、政策への活用が期待されている。行政の基本単位である市町村でMFAを行うことで、より地域特性に沿った物質循環の方法を提案できると共に、環境政策の評価が可能になると考えられる。 よって本研究では、愛知県田原市を対象として、一般的なデータや簡易の実地調査に基づくMFA手法を開発し、地域に根ざした持続可能なまちづくりを提案することを目的とする。

収録刊行物

  • 日本LCA学会研究発表会講演要旨集

    日本LCA学会研究発表会講演要旨集 2009(0), 190-190, 2009

    日本LCA学会

各種コード

ページトップへ