EFMM離散化モデルの大規模並列固有値解析 Large-scale Eigen-analysis of discrete model by EFMM

この論文にアクセスする

著者

抄録

Enriched Free Mesh Method(EFMM)はHellinger-Reissnerの原理を用いた混合法であり,剛性マトリクスはローカルクラスター単位で計算される.この結果,EFMMにおいては自由度の増加なしに低次モードの高精度構造解析が可能である.本研究ではPCクラスタ上で,EFMM離散化モデルの大規模並列固有値解析をLanzcos法による並列計算法を用いて解くことを考える.EFMMはFEMよりも剛性マトリクスの非零要素が多い.そこで,Lanzcos法を用いて三重対角マトリクスに変換することでメモリを削減する.なお,Lanzcos法は少数の固有値を少ない演算量で高精度に求めることができる.

The Enriched Free Mesh Method (EFMM) is a Mixed Method using the Hellinger-Reissner principle. A highly accurate stiffness matrix is computed for each local cluster. As a result, the EFMM can compute the high performance structural problem of low-order mode without an increase in the number of DOF. In this research, a large eigenvalue analysis of discrete model of the EFMM is performed using the Lanzcos method on a PC cluster environment.The EFMM has more nonzero elements in stiffness matrix than the FEM. Therefore, we convert the stiffness matrix of the EFMM into tridiagonal one for the memory saving. It is noted that the Lanzcos method can obtain small number of eigenvalues in high accuracy with less computation time.

収録刊行物

  • 理論応用力学講演会 講演論文集

    理論応用力学講演会 講演論文集 58(0), 48-48, 2009

    日本学術会議 「機械工学委員会・土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」

各種コード

ページトップへ