父親の不在と社会経済的地位達成過程 Father Absence and Children's Socioeconomic Status Attainment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

 本稿の目的は,義務教育修了時以前に父親が不在であること(早期父不在)によって,地位達成にどれほどの格差が生じ,その格差が時代とともにどのように変化してきたのかを明らかにすることである.従来の社会階層・移動研究では,地位達成過程の初期段階で父親がいなかった人々は欠損値として分析から除外されることが多かった.しかし近年,そういった人々の地位達成に着目する動きが見られる.<br> 「社会階層と社会移動調査」を用いて,早期父不在者の教育達成と初職達成を分析したところ,以下の点が明らかになった.(1) 早期父不在者が高学歴化の流れに取り残される形で,短大以上の高等教育機関への進学格差は拡大傾向にあった.(2) 安定成長期以降,早期父不在を経験した人はそうでない人々と比較して,ブルーカラー職として労働市場に参入する傾向が強まり,専門職や大企業ホワイトカラー職に初職で入職できる割合も低かった.(3) 早期父不在者の初職達成上の不利は低い教育達成によって引き起こされていた.

This paper aims to investigate how great disparities in status attainment are caused by early (before respondents completing compulsory education) absence of father, and whether such disparities have been expanding or diminishing.<br> Using "Social Stratification and Social Mobility Survey", the influences of early absence of father on educational attainment and on first job are examined. Findings are as follows: (1) Those who experienced early absence of their father were left behind in the wave of popularization of higher education. Therefore the disparity in opportunities for higher education has been widening. (2) After stable-growth period, they have been more likely to start their careers as blue-collar workers, not as professionals or white-collar workers in large firms. (3) The effect of early absence of father on first job is mainly explained by the disparities in educational attainment.

収録刊行物

  • 社会学年報

    社会学年報 39(0), 63-74, 2010

    The Tohoku Sociological Society

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004677357
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00109754
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0287-3133
  • NDL 記事登録ID
    10798232
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学)
  • NDL 請求記号
    Z6-752
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ