精神的ストレス負荷時の血行力学的反応パターンとコントロール可能性 Controllability and hemodynamic reaction patterns during mental stress

この論文にアクセスする

著者

抄録

5分間の暗算課題 (連続引き算) 時の血行力学的反応パターンが, 2つのグループにおいて調べられた.それぞれのグループは12人の男子学生から構成されており, 一方は, 部分的コントロール可能 (PC) 条件, もう一方は, コントロール不可能 (UC) 条件に対応していた.PC条件では, 解答毎にフィードバックが与えられ, 一定の時間内に課題を終えるよう急がされた.そして, 要求された速度に満たない場合には, 20s毎に嫌悪刺激が与えられた.対照的に, UC条件では, フィードバックが与えられず, 特定の時間内に課題を終えるよう急がされることはなかった.ただし, 対にされたPC条件の被験者と同一のタイミングで嫌悪刺激が与えられた.予想された通り, PC条件の被験者は心臓優位反応パターン (血圧上昇が, 主に心拍出量の増加によるもの) を示した.ところが, 予想とは異なり, UC条件の被験者も同一の反応パターン傾向を示した.これらの結果から, コントロール可能性が血行力学的反応パターンに与える影響について考察した.

Hemodynamic reaction patterns were examined in two groups, each consisting of 12 male students, who underwent afive-min mental arithmetic task (serial subtraction) in a partially controllable (PC) or an uncontrollable (UC) condition. The PC group was given feedback on each answer, urged to finish the task within a certain time, and exposed to an aversive stimulus every 20 s if they fell behind the required pace. In contrast, the UC group underwent no feedback, they were not urged to finish the task within a particular time, but the same aversive stimulus was used. The PC group, as expected, exhibited the cardiac-dominant reaction pattern (blood pressure elevation mainly due to an increase in cardiac output), and the UC group, unexpectedly, showed the same pattern, albeit less obviously. The implications of the present results on controllability are discussed. (<I>Japanese Journal of Physiological Psychology and Psychophysiology</I>, 22 (3) : 247-255, 2004.)

収録刊行物

  • 生理心理学と精神生理学

    生理心理学と精神生理学 22(3), 247-255, 2004

    日本生理心理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004698501
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0289-2405
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ