糖尿病の細小血管障害マーカーとしての指動脈スティフネス指数 Finger arterial stiffness index as a marker of damaged small artery and arterioles in diabetes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 田中 豪一 TANAKA Gohichi
    • 札幌医科大学医療人育成センター心理学教室 Department of Psychology, Center for Medical Education, Sapporo Medical University
    • 加藤 有一 [他] KATO Yuichi
    • 札幌医科大学医療人育成センター心理学教室 Department of Psychology, Center for Medical Education, Sapporo Medical University
    • 松村 健太
    • 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所成人精神保健研究部
    • 小池 城司
    • 福岡市健康づくり財団・九州大学大学院医学研究院循環器内科学

抄録

細小動脈硬化は動脈硬化の最も初期の徴候であるかもしれない。光電指尖容積脈波から導出され,血圧には依存しない指動脈スティフネス指標(FSI)が,指部動脈における圧-容積関係の指数関数モデルに基づいて開発されてきた。本研究では,細動脈の成分により一層関連する新しい指標として高経壁圧範囲におけるFSI(FSIH)を考案し,糖尿病患者において検査された。研究協力者は中年の眼科患者31名で,糖尿病を有する7 名の糖尿病群(DM), 糖尿病と高血圧を合併する12名の高血圧合併群(DH), 基礎疾患のない12 名の統制群(CT)の3群に割り振られた。FSIとFSIHは,健常青年集団では50 ± 10となるようにすでに標準化されていた。FSIはCT 群(54.7 ± 11.8)に比べてDH群(73.8 ± 11.3)で有意に高く,DM 群(65.0 ± 14.6)はその中間であった。FSIHはCT 群(61.0 ± 12.1)に比べ,DM群(91.2 ± 22.9)とDH群(83.8 ± 31.1)の患者で有意に高かった。FSI とFSIH はそれぞれ指の小動脈と細動脈のスティフネスと関連することが示唆される。

Stiffening of the small artery may be the earliest sign of arteriosclerosis. The photoplethysmographic-derived index of finger arterial stiffness (FSI) had been developed as a blood pressure independent measure, based on an exponential model of pressure-arterial volume relationship in the finger artery. In this study, a novel measure of FSI for high transmural pressure range (FSIH) is evolved which is more relevant to the arteriole component and examined in diabetes patients. Participants were 31 ophthalmic middle-aged patients who were assigned to three groups: diabetes (DM, 7 patients), diabetes complicate hypertension (DH, 12), and controls (CT, 12). FSI and FSIH had been previously standardized as 50 ± 10 for a healthy young population. FSI in DH (73.8 ± 11.3) was significantly higher than CT (54.7 ± 11.8), while intermediate in DM (65.0 ± 14.6). FSIH was significantly higher in DM (91.2 ± 22.9) and DH (83.8 ± 31.1) patients than CT (61.0 ± 12.1). These findings suggest that FSI and FSIH are associated with the stiffness of the small artery and arteriole in the finger, respectively.

収録刊行物

  • 生理心理学と精神生理学

    生理心理学と精神生理学 29(3), 217-226, 2011

    Japanese Society for Physiological Psychology and Psychophysiology

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004876222
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091236
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0289-2405
  • NDL 記事登録ID
    023780725
  • NDL 請求記号
    Z19-1537
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ