再生磁器製造システムのMFCA-LIME統合評価:瀬戸市での取り組みを例にして MFCA-LIME integrated evaluation of recycled ceramic production system:A case of Seto city project

この論文にアクセスする

著者

抄録

本研究では、愛知県瀬戸市において開発された再生磁器であるRe瀬ッ戸を製造するシステムのMFCA-LIME統合評価を検討した。評価は、ライフサイクルアセスメント(LCA)の統合化指標であるLIMEを用いて、環境影響を外部コストとして評価し、一方で、マテリアルフローコスト会計(MFCA)を用いて、資源消費・廃棄物処理を内部コストとして評価した。既往のシステムと比較し、Re瀬ッ戸の有効性を検討した。

収録刊行物

  • 日本LCA学会研究発表会講演要旨集

    日本LCA学会研究発表会講演要旨集 2008(0), 98-98, 2008

    日本LCA学会

各種コード

ページトップへ