ミームとミームマネージメントの可能性 Meme and the possibility of meme management

この論文にアクセスする

著者

抄録

1976年,R・ドーキンスによる「利己的な遺伝子」の発表以来,文化遺伝子,ミームの概念は,S・ブラックモア,R・ブロディ,佐倉統などにより掘り下げて論じられてきた.ここではミームの発生過程を伝統的ダーウィニズムの模倣-変異-淘汰による偶然の産物とするにとどめず,I・プリゴジン,S・カウフマンの自己組織化の論理をミームにも適用し,マルチエージェントが自己触媒となり,散逸構造を形成するプロセスと仮定して考察する.環境に対する全体最適の価値観を自己触媒のモメンタムと捉えることで,21世紀型のサステイナブルな創発型組織モデルを形成し得るミームマネージメントの可能性を考察する.

This paper proposes a hypothesis that the generation processes of meme are self-organizing processes driven by the catalytic action of multiple agents. It considers not only the accidental phenomena from traditional Darwinian principles such as replication, mutation and natural selection, but it also considers the concept of self-organization or dissipative structure by Stuart Kaufman and Ilya Prigogine.The sense of value that harmonization with the external environment gives is very important and could work as a catalyst for self-organization in sustainable or emergent organizations which can exist in the 21st century. This paper suggests that this is called 'meme management'.

収録刊行物

  • 経営情報学会 全国研究発表大会要旨集

    経営情報学会 全国研究発表大会要旨集 2002f(0), 36-36, 2002

    一般社団法人 経営情報学会

各種コード

ページトップへ