歩行アシスト装置は異常歩行を有する大腿切断者の歩容を改善した The Robotic Stride Assistance System improved the gait pattern of a trans-femoral amputee with an abnormal gait pattern

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 幸野 秀志 KOHNO Hideshi
    • 兵庫県立リハビリテーション中央病院 ロボットリハビリテーションセンター Robot Rehabilitation Center, Hyogo Rehabilitation Center Central Hospital
    • 陳 隆明 CHIN Takaaki
    • 兵庫県立リハビリテーション中央病院 ロボットリハビリテーションセンター Robot Rehabilitation Center, Hyogo Rehabilitation Center Central Hospital
    • 高瀬 泉 TAKASE Izumi
    • 兵庫県立リハビリテーション中央病院 ロボットリハビリテーションセンター Robot Rehabilitation Center, Hyogo Rehabilitation Center Central Hospital
    • 手塚 勇輔 TEZUKA Yusuke
    • 兵庫県立リハビリテーション中央病院 ロボットリハビリテーションセンター Robot Rehabilitation Center, Hyogo Rehabilitation Center Central Hospital
    • 赤澤 康史 AKAZAWA Yasushi
    • 兵庫県立リハビリテーション中央病院 ロボットリハビリテーションセンター Robot Rehabilitation Center, Hyogo Rehabilitation Center Central Hospital
    • 本田 雄一郎 HONDA Yuichiro
    • 兵庫県立リハビリテーション中央病院 ロボットリハビリテーションセンター Robot Rehabilitation Center, Hyogo Rehabilitation Center Central Hospital
    • 中村 豪 NAKAMURA Go
    • 兵庫県立リハビリテーション中央病院 ロボットリハビリテーションセンター Robot Rehabilitation Center, Hyogo Rehabilitation Center Central Hospital

抄録

本田技術研究所が開発した「歩行アシスト」は,対象者の腰部から大腿部に装着し,歩行周期を改善することにより歩行運動を支援する装着型装置である.その特性から,下肢切断者に使用することにより,異常歩行を改善し,より効率的な歩行の獲得が可能となると予測される.今回,異常歩行を有する大腿義足のユーザーに対し,歩行アシストを適用し,歩容の改善効果を調べた.PCI測定および動作解析を行い,PCIの減少および股関節可動域の改善を認め,歩容の改善が認められた.

The Robotic Stride Assistance System (SAS), developed by Honda R&D, is a wearable machine which can be expected to aid in the acquirement of a better gait for lower limb amputees through an improving walking cycle. In order to investigate the effect of SAS on improving the abnormal gait in amputees, SAS was applied to a trans-femoral amputee with an apparent abnormal gait. In this research, reduction of energy expenditure was obtained. Improvement of the abnormal gait was also achieved through an increase of the range of hip motion.

収録刊行物

  • 日本義肢装具学会誌

    日本義肢装具学会誌 30(4), 236-239, 2014

    Japanese Society of Prosthetics and Orthotics

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005103107
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0910-4720
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ