大学院生版アカデミック・ポートフォリオの開発 Development of a Graduate Student Academic Portfolio

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 吉田 塁 YOSHIDA Lui
    • 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo
    • 栗田 佳代子 KURITA Kayoko
    • 東京大学 大学総合教育研究センター Center for Research and Development of Higher Education, The University of Tokyo

抄録

大学教員を目指す大学院生を対象としたいわゆるプレFD プログラムは,主に実践的な知識やスキルの獲得を目的に行われている.本研究では,それらに加えて新たに自己省察を通して教育・研究活動全体を俯瞰・構造化しキャリアパスについて考える機会を設けることを目的に,大学院生の活動や今後の目標が第三者にもわかりやすく総括的に記述された本文と記述に対する根拠資料が添付された文書である大学院生版アカデミック・ポートフォリオ(GSAP)の開発を行った.また,GSAP 作成の支援を行うためのGSAP ワークショップを設計し,実施したところ,大学院生7名が参加し,GSAP を作成した.そして,参加者へ質問紙調査を行った結果,GSAP 作成とワークショップ参加に対する多様な肯定的回答が得られ,総括的な評価も極めて高かった.これらから,プレFD における自己省察のツールとしてGSAP は有用であることが示唆された.

Preparing future faculty program for graduate students who aim at being faculty in the future enables them to obtain mainly teaching knowledge and skills. In this research, to offer an opportunity to overview and organize their activity of education and research and draw their career paths, Graduate Student Academic Portfolio(GSAP) was developed. GSAP is a document consisted of body text in which they write the activity and academic goals in plain words and evidences which support the body text. And GSAP workshop for helping to create GSAP was developed and conducted. Seven graduate students participated in the workshop and, according to their responses to the questionnaire, they found diverse positive effects of creating GSAP and joining in the workshop and were fully satisfied with GSAP. The results indicate that GSAP could be one of the standard tools for reflection in preparing future faculty program.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌  

    日本教育工学会論文誌 39(1), 1-11, 2015 

    日本教育工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005103459
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    026563033
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ