人文社会系大規模データベースへのLinked Dataの適用 -推論による知識処理- Apply Linked Data to Large-Scale Humanities Database

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 人間文化研究機構では、2008年よりnihuINTという、機構を構成する6機関のデータベースの横断検索システムを提供してきた。その後、7年ほど経過し、データが大量になる中で、より効果的な情報発見が求められることとなった。そこで、プロトタイプとして、Linked Dataによるプロトタイプを作成し、実験に供している。特に荘園のデータベースという日本史の文献と、国文学の古典籍・緯度経度情報をマッチさせ、それぞれにリンクをはることで、より高度な情報発見を可能とできるように試みた。そのうえで、いくつかの実際の研究シナリオを作成し、人文系研究において効果があるかどうかの検証を開始しつつある。実際に情報発見の新たなモデルが提唱可能である見通しを述べると同時に、リンクの付し方など、大規模なデータベースとして実用可能なものとなる水準にするための、課題についても浮き上がってきた。

 The National Institutes for the Humanities (NIHU) have been developing an integrated retrieval system (nihuINT) using existing research databases and the sharing of resources for application purposes since 2005. However, 10 years have elapsed since nihuINT was constructed, and some problems have been identified. To solve these problems, we began to construct a database as a prototype for a new nihuINT. We focused on two databases for our experiment. One deals with "rare Japanese classical books," and the other deals with "Shoen" (a field or manor in Medieval Japan). We took these databases and rebuilt them as RDF (Resource Description Framework)Store/RDF databases.

収録刊行物

  • 情報知識学会誌

    情報知識学会誌 25(4), 291-298, 2015

    情報知識学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005131850
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10459774
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0917-1436
  • NDL 記事登録ID
    027094107
  • NDL 請求記号
    Z14-1782
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ