教員志望学生の学習評価に関する力量向上を目指した講義の検討 A Study of a Lecture for Fostering Preservice Teachers' Assessment Competence

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p> わが国においてこれまで十分取り組まれてこなかった学習評価を体系的に学ぶ講義科目であるX大学教育学部「初等教育実践基礎Ⅳ」を事例として,教員志望学生の学習評価に関する力量向上に本講義がいかに寄与するかを質問紙調査と評価イメージを中心に検討した.  講義前後の質問紙調査の結果から,すべての項目で事後の上昇が認められ,本講義の成果が確認できた.しかし,21世紀型スキルに代表される「今後求められる評価の理解と実践」に関する「実践」の観点が他と比較して低く,単元案の作成でも課題が見られたことから,教材のデザインや工夫のあり方が浮き彫りとなった.  また,受講者の評価イメージに関しては,講義前後で「固定」から「変動」への統計的に有意な変化が確認された.このことから,本講義が教員志望学生の学習評価に関する認識の転換にもつながっていたことが明らかとなった.</p>

<p>There are few lectures and programs on systematic learning of assessment in Japan. In case study of "Basics IV for elementary schools" at the Faculty of Education at X University, the author examined how this lecture fostered preservice teachers' assessment competence. In 13 items of assessment competence, the results showed that all of them increased after the lecture. In addition, as the author analyzed participants' images of assessment by their metaphor, their images were significantly changed from "fixed" to "variable" However, the items about "understanding and practice of assessment needed in the future" (e.g. 21st century skills) were lower than the other items, and participants had difficulty of writing unit plans based on these perspectives, so that we might examine further how to design tasks and elaborate materials.</p>

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 40(4), 349-356, 2017

    日本教育工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005466767
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    027972419
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ