海外における日本研究と図書館:概観および近年の動向・課題と展望 Japanese Studies and Libraries in Other Countries: Overview, Recent Trends, Challenges and Prospects

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>本稿では,海外における日本研究と図書館について概説する。前半では,海外における日本研究,図書館とその周辺について,それらがどのような意味を持つかを概観する。後半では,特に近年の動向と事例・文献を追いながら,現状と課題,今後の展望を考える。そのキーワードは,在外資料,デジタルアーカイブ,ポータル,ウェブ・スケール・ディスカバリー,デジタルヒューマニティーズ,和本,コラボレーション,研修,アジア,英語/ローマ字であり,それらは「日本研究とは何か」という問いにつながる。</p>

<p>This article outlines the issues on the Japanese studies and libraries in other countries. First, the article overviews Japanese studies, libraries and the relevant issues in other countries as well as what they mean. Next, it discusses the current situations, challenges and prospects with recent trends, cases and articles. The keywords of these issues are Japanese materials in other countries, digital archives, portal, web scale discovery, digital humanities, Japanese old materials, collaboration, training program, Asia, English and Romanization. These keywords leads to the question "What is Japanese studies?"</p>

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 67(6), 284-289, 2017

    一般社団法人 情報科学技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005683731
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    028409540
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ