犯行現場に遺された血や血痕の知覚優位性 Facility in the perception of images of blood in the crime scene

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>注意集中効果に関するほとんどの研究では,情動的刺激として,交通事故や外科手術,殺傷場面などの情動的シチュエーションを使用している。これらの状況においては,実験参加者は情動を喚起させる原因となる詳細な特徴というよりはむしろ,血に注意を向けていると考えられるかもしれない。このことから血には周囲に脅威を伝えたりあるいは助けや保護を求める役割があることから,注意をひきつけると仮説をたて検証した。実験では,16名の実験参加者に対しワイシャツについた血またはバラ(胸花)のイメージを3×3の配列で呈示した。実験参加者には,呈示された刺激画像中に異なる刺激画像が含まれるかについて判断させた。その結果,いくつものバラの中に1枚だけ呈示された血は,血の中に1枚だけ呈示されたバラと比べ,エラーが少なく,より正確に検出されることが明らかになった。この実験結果は,血が注意を引きつけやすいことを示している。</p>

<p>Most studies on the effects of attentional focusing have used situations involving bleeding such as accidents, surgeries, and stabbings as emotional stimuli. In these circumstances, participants may attend to the blood rather than to the detailed characteristics of the source of emotion. We examined the hypothesis that blood attracts particular attention because of its role in communicating a threat or a call for help and protection. We asked 16 participants to engage in a visual search task in which they viewed 3×3 matrices containing images of either one blood-stained shirt among shirts with a red rose-shaped ribbon or one shirt with a red rose-shaped ribbon among blood-stained shirts and to select the discrepant image. Participants committed fewer errors when presented with a blood-stained shirt against a background of shirts with red rose-shaped ribbons than under the reverse condition. This result indicates that the image of blood captures human attention.</p>

収録刊行物

  • 犯罪心理学研究

    犯罪心理学研究 49(2), 15-24, 2012

    日本犯罪心理学会

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130006077626
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00206218
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0017-7547
  • NDL 記事登録ID
    023341611
  • NDL 請求記号
    Z2-85
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ