意味ネットワークマシンIXM第2版の概要 The Development of Semantic Network Machine IXM2

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

連想メモリを備えたPE64台と、マーカ伝搬の並列化機能を持つ9台のネットワークプロセッサ(NP)から成る意味ネットワークマシンIXMのプロトタイプ第2版(IXM2)について述べる。IXM2は、完全結合をベースとした再帰的な計算機間接続方式をとり、完全結合の転送能力と大規模システムへの拡張のしやすさを目的としている。意味ネットワークの基本処理のうち、集合演算と連想処理は大容量連想記憶(最大256KWまで実装可能)により常に一定時間で行えるため、大規模意味ネットワーク処理における計算量の急激な増加に対して有効な抑制手段となる。IXM2はホストのSUNより制御され、SUNのQuintua Prolog上に実装した知識表現言語IXLよりコールされる意味ネットワーク処理用の述語を全解探索で実行する。The second prototype of a semantic network machine IXM, called IXM2, is discussed. IXM2 is a multiprocessor system with large associative memories. It consists of 64 associative processors and 9 network processors. The connection structure of IXM2 is based on completely connected topology among 8 PEs in order to perform efficient data transfer. Associative memories are very effective in supressing the explosion of the computaional amount in large semantic network processing. IXM2 executes programs written in the IXL language, the superset of Prolog, so that IXM2 can be utilized as a back-end of SUN workstations.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告計算機アーキテクチャ(ARC)

    情報処理学会研究報告計算機アーキテクチャ(ARC) 1989(74(1989-ARC-078)), 1-8, 1989-09-19

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    170000021488
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10096105
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    IPSJ 
ページトップへ