調査知識をルール化して利用した特許調査支援環境の提案 Propose the supporting environment for patent search by using rules of search knowledge.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本稿では,特許調査実施工程を「検索式策定工程」と「選別工程」に大別し,これまで暗黙知であったものを知識ルールとして形式知化したことについて述べる.具体的には検索式策定工程では,「検索対象」「検索対象期間」「検索フィールド」「用語」「分類」について知識ルール化して利用した.また,選別工程において漏れている関連特許候補を提示したり,選別されているが非関連の特許候補を提示することができるようになる.In this paper, a patent search implementation process is divided roughly into a "query decision process" and a "selection process", and it describes having made into the knowledge rules what is tacit knowledge until now, and having explicit knowledge. At the query decision process, the rules about the "search target", "search period", "search field", "term", and "classification" are constructed and used. And at the selection process, the another related patent candidates and non-related patent candidates among related patents are shown.

収録刊行物

  • 研究報告電子化知的財産・社会基盤(EIP)

    研究報告電子化知的財産・社会基盤(EIP) 2012-EIP-56(11), 1-7, 2012-05-09

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    170000070650
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11238429
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    IPSJ 
ページトップへ