有限射影幾何を用いたソフトウェアテスト向けの直交表自動生成プログラムの開発とその応用 The Development of a Program to Automatically Construct Orthogonal Arrays for Software Testing by Using Finite Projective Geometry and its Applications

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

直交表をソフトウェアテストに応用する動きがさかんである.しかし,強さ2の直交表を構成するのは比較的簡単だが,強さ3以上で,多因子,多水準の直交表の構成は簡単ではなく,そのことが,多因子,多水準を持つソフトウェアテストの組合せテスト設計を困難にしていた.そこで我々は,多因子(50因子),多水準(2,3,4,5,7,8,9水準),強さ2,3,4に対応し,さらに混合水準(因子の水準が異なり,その因子の水準が2や3のべき乗)の直交表を有限射影幾何を用いて組織的にしかも自動的に構成できるソフトGaloisSoftTestを開発した.したがって,GaloisSoftTestによって生成される直交表は,2因子間,3因子間,4因子間のすべての組合せのチェックを保証するテストが可能であり,またソフトウェアテストでよく用いられる混合水準にも対応しており,より少ないテスト回数で高品質な組合せテスト設計に応用が可能である.さらに本論文では,GaloisSoftTestと代表的なオールペア法の生成ソフトであるPICTに対して,因子数やその水準数,強さが与えられたときの効率性の尺度であるテスト回数と品質を保証する尺度である網羅率を求め比較分析した.その結果,GaloisSoftTestが優れているテスト対象もあり,この2つのツールを並行運用して,効率的でしかも品質レベルを保証する組合せテストを運用する方針や施策などについても提案している.An orthogonal array is widely used in software testing. But either orthogonal array which are strength 2 is used in software testing. In a practical use, it is necessary to construct orthogonal arrays which are strength 2, 3 and strength 4. In such situations, we developed the computer program GaloisSoftTest by using finite projective geometry that can automatically construct orthogonal arrays which supports the strength of 2 and over, and multi-factor, multi-level, mixed-level. Furthermore we studied to the number of test and covering efficiency which are cost performance, to compare the tool GaloisSoftTest for generating orthogonal arrays with PICT which is tool for generating pairwise testing. We make a guideline for selecting a method and its strength, factor, level in orthogonal arrays and pairwise testing, and then we execute a suitable software-testing method.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 57(8), 1800-1809, 2016-08-15

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    170000131024
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • データ提供元
    IPSJ 
ページトップへ