新しい時代の大学図書館のありかた―情報技術による支援を中心として The Realization of the University Library in the New Era―Focusing on Information Technology Support

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

大学図書館は,新しい研究方法ならびに新しい教育方法の普及により,新しく生まれ変わらざるをえない状況になっている.大学図書館として最も重要なことは,この事実をきちんと認識し,どのように変わっていくべきなのかを考えることである.また,その変革を支える情報技術についても,深い洞察が要求される.本稿では,この変革とは何であり,大学図書館としてどのような対応が要求されるのかについて述べていく.新たな情報技術をどのように採り入れることによって,その効果を活かしていくのかについても言及する.With the spread of new research methods and new education methods, university libraries are forced to rebirth newly. The most important thing as university libraries is to recognize this fact properly and to think about how to change. In addition, deep insight for information technology is also required to support the change. In this paper, I will discuss what this change is and what kind of correspondence is required as university libraries. I will also refer to how to take advantage of the new information technologies.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE)

    情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE) 3(3), 1-7, 2017-10-19

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    170000149004
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12697953
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Article
  • ISSN
    2188-4234
  • データ提供元
    IPSJ 
ページトップへ