神経変性疾患におけるオートファジーの意義--異常蛋白質分解機構としてのオートファジーとオートファジー性神経細胞死 (オートファジー--細胞内バルク分解研究の最前線)

この論文をさがす

収録刊行物

  • 医学のあゆみ

    医学のあゆみ 200(4), 305-308, 2002-01-26

    医歯薬出版

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40000121947
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10289798
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    00392359
  • NDL 記事登録ID
    6029389
  • NDL 雑誌分類
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-96
  • データ提供元
    NDL 
ページトップへ