痙攣発作とパニック発作を繰り返した解離性同一性障害の症例--観念運動シグナル法を用いて A patient with dissociative identity disorder who repeatedly developed seizures and panic attacks: use of ideomotor signaling

この論文をさがす

収録刊行物

  • 臨床催眠学  

    臨床催眠学 7, 52-58, 2006-03 

    日本臨床催眠学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40016170908
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    13466062
  • NDL 記事登録ID
    9591688
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z74-C357
  • データ提供元
    NDL 
ページトップへ