催眠とEMDRの併用と統合的使用(その1)書痙の訴えから母子関係におけるトラウマの再処理へ移行した事例を通して The combined and integrative use of hypnosis and EMDR (1) From a case study in which treatment focus shifts from graphospasm to reprocessing of mother-child relationship

この論文をさがす

収録刊行物

  • 臨床催眠学  

    臨床催眠学 8, 55-64, 2007-03 

    日本臨床催眠学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40016170925
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    13466062
  • NDL 記事登録ID
    9592090
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z74-C357
  • データ提供元
    NDL 
ページトップへ