北海道大学のAO入試--10年間の推移と課題

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

北海道大学のAO入試は,平成22年度入試にて節目の10年を迎えた。本学AO入試の推移を振り返ると,総志願者数が緩やかに減少している中で,志願者数を維持している募集単位と,志願者数を大きく減らしている募集単位があることが明らかになった。また,合格者数が募集定員を大きく下回ることが,翌年以降の志願者数減少につながる可能性があることがわかった。平成23年度の総合入試導入を柱とする入試制度の大幅な改革により,AO入試の位置づけがどのように変化するかを注意深く見守る必要がある。

収録刊行物

  • 大学入試研究ジャーナル

    大学入試研究ジャーナル (21), 105-110, 2011-03

    国立大学入学者選抜研究連絡協議会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40018764677
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1039204X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    13482629
  • NDL 記事登録ID
    11040679
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-B314
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ