東邦大学における外国雑誌価格高騰への対応 (特集 平成23年度日本薬学図書館協議会研究集会)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

解説/特集東邦大学では、経費削減を目的に、2008年、エルゼビア社の電子ジャーナルを、包括契約方式から、大学として重要と判断したタイトルの個別契約と、非購読タイトルを論文ごとにPayPerViewで利用する契約との組み合わせ方式に移行した。利用可能なタイトル数は包括契約時と同等を維持しながら、2008年は23%のコストダウンに成功した。今後の課題は、第1に、非購読タイトルについて、機関リポジトリ等のオープンアクセスで利用可能なもの、冊子体で所蔵するもの、PayPerViewを利用するものなど、利用者にとって適切な入手経路を示すこと、第2に、契約するタイトルを選定する方法の効率化である。外国雑誌の価格高騰への有効な手段の1つと認められる本学の契約方式を拡大するため、電子ジャーナル提供元には、非購読タイトルをPayPerViewで提供するなど、機関向けの柔軟な契約プランの提示を望む。(著者抄録)

収録刊行物

  • 薬学図書館  

    薬学図書館 57(1), 25-30, 2012 

    日本薬学図書館協議会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40019146335
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00241547
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    0386-2062
  • NDL 記事登録ID
    023408071
  • NDL 請求記号
    Z21-151
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ