グループに適応する公共空間向け広告システムGAS GAS: A Group-adaptive Advertisement System for Public Spaces

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

近年,インタラクティブな広告や対象者に合わせた情報提示手法が研究されている.しかし,従来の研究では対象者の属性情報の獲得が容易ではなく,嗜好情報の登録や専用機器の携帯が必要であるなど利用者の負担をともなっている.そこで我々は,利用者の負担をなくしながらも有効な広告を提示するシステムとして,複数人の関係に基づく適応的広告システムGAS(Group-adaptive Advertisement System)を提案・開発した.本システムの特長は,複数人の間の対人距離からその関係を判別し,それに応じて適切な広告を提示する点にある.評価実験から,対人距離情報などから75%程度の精度で対人関係が判別できることが分かり,また,複数人の関係に基づく広告が,そうでない広告と比べて有効であることが認められた.Public advertisement does not always attract people because of the content that does not match their preference. Therefore, adaptive advertisement systems have been researched recently. However, they are adaptive only personally and individually, and in many cases they put additional burden to people. In this paper, we propose a method to determine the kind of a group from the distances of its members, and introduce the GAS (Group-adaptive Advertisement System). The GAS applies the group-determination method and displays adaptive advertisements to the group in front of it. Experiment indicated 75% determination accuracy of the kind of a group from distances of its members. It is also revealed that adaptive advertisements to a group are more interested than non-adaptive ones.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 49(6), 1962-1971, 2008-06-15

    情報処理学会

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40019583795
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • NDL 記事登録ID
    024275368
  • NDL 請求記号
    YH247-743
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  IPSJ 
ページトップへ