パス型ORAMのバンド幅オーバーヘッド削減手法の検討 (ディペンダブルコンピューティング) -- (組込み技術とネットワークに関するワークショップETNET2016) Preliminary study on the reduction of bandwidth overhead for Path ORAM

この論文をさがす

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(519), 91-96, 2016-03-24

    電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40020791240
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    027245949
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL 
ページトップへ