広島原爆被爆者における固形がん死亡超過の主要因は初期被爆線量ではない : 性別・被爆時年齢階級別の初期線量・被爆距離の説明力の比較解析 (第56回原子爆弾後障害研究会特集号) Main cause of excess risk of solid cancer mortality in Hiroshima Atomic Bomb Survivors is not the initial radiation exposure dose : Comparative study of performance of exposure-distance with that of initial radiation dose

この論文をさがす

収録刊行物

  • 広島医学

    広島医学 69(4), 369-373, 2016-04

    広島医学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40020843864
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00211943
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0367-5904
  • NDL 記事登録ID
    027341953
  • NDL 請求記号
    Z19-73
  • データ提供元
    NDL 
ページトップへ