テガフール多形の結晶構造解析と製剤学的性質に関する研究 Study on the Crystal Structure Analyses and Pharmaceutical Properties of Tegafur Polymorphs

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 内田, 武 ウチダ, タケシ

書誌事項

タイトル

テガフール多形の結晶構造解析と製剤学的性質に関する研究

タイトル別名

Study on the Crystal Structure Analyses and Pharmaceutical Properties of Tegafur Polymorphs

著者名

内田, 武

著者別名

ウチダ, タケシ

学位授与大学

千葉大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

甲第659号

学位授与年月日

1986-03-25

注記・抄録

博士論文

学位:千大院薬博甲第23号

抄録:[序論]医薬品結晶において結晶形の相違により溶解性、熱安定性など様々な物理化学的性質が異なることが報告されており、多形の問題は、医薬品の安定化や製剤化、バイオアベイラビリティーへの影響など製剤学上大きな関心がもたれている。しかしながら、多形の本質である結晶構造にまで検討を進めた研究は少ない。5-フルオロウラシルのマスク型化合物として合成されたテガフール(5-fluoro-1-(tetrahydro-2-furyl)-uracil)は、制ガン剤として、胃ガン、腸ガン、乳ガンなどを中心として臨床的に広く用いられているが、このテガフールには多形の存在する事が示唆されている。そこで著者は、本研究において、テガフールの多形の存在を確認し、更に新しい多形を見出し、これら各多形の性質を各種測定法により詳細に検討した。…

3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000003114
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000003114
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000167428
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
ページトップへ