Pathogenesis of serratial corneal infection : role and action of serratial 56K protease セラチア角膜感染症の病因論 : セラチア56Kプロテアーゼの役割と作用

この論文をさがす

著者

    • 鎌田, 龍二 カマタ, リュウジ

書誌事項

タイトル

Pathogenesis of serratial corneal infection : role and action of serratial 56K protease

タイトル別名

セラチア角膜感染症の病因論 : セラチア56Kプロテアーゼの役割と作用

著者名

鎌田, 龍二

著者別名

カマタ, リュウジ

学位授与大学

熊本大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第498号

学位授与年月日

1986-01-21

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000003857
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000003857
  • NDL書誌ID
    • 000000168171
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ