Role of antizyme in regulation of ornithine decarboxylase in primary cultured hepatocytes オルニチン脱炭酸酵素の活性調節におけるアンチザイムの意義についてー初代培養肝細胞を用いた検討

この論文をさがす

著者

    • 宇都宮, 一典 ウツノミヤ, カズノリ

書誌事項

タイトル

Role of antizyme in regulation of ornithine decarboxylase in primary cultured hepatocytes

タイトル別名

オルニチン脱炭酸酵素の活性調節におけるアンチザイムの意義についてー初代培養肝細胞を用いた検討

著者名

宇都宮, 一典

著者別名

ウツノミヤ, カズノリ

学位授与大学

東京慈恵会医科大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

甲第475号

学位授与年月日

1986-01-13

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000005912
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000005912
  • NDL書誌ID
    • 000000170226
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ