Effects of carbon tetrachloride and azathioprine on diethylnitrosamine and N-2-fluorenylacetamide-induced hyperplastic liver nodule and hepatocellular carcinoma ジエチルニトロサミンとN-2-フルオレニルアセトアマイドによる肝過形成結節と肝細胞癌の発生に及ぼす四塩化炭素とアザチオプリン投与の影響

この論文をさがす

著者

    • 坂田, 達郎 サカタ, タツロウ

書誌事項

タイトル

Effects of carbon tetrachloride and azathioprine on diethylnitrosamine and N-2-fluorenylacetamide-induced hyperplastic liver nodule and hepatocellular carcinoma

タイトル別名

ジエチルニトロサミンとN-2-フルオレニルアセトアマイドによる肝過形成結節と肝細胞癌の発生に及ぼす四塩化炭素とアザチオプリン投与の影響

著者名

坂田, 達郎

著者別名

サカタ, タツロウ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第1523号

学位授与年月日

1984-12-31

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000010190
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000010195
  • NDL書誌ID
    • 000000174504
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ