Application of new method of antibody-enzyme-conjugation with maleimide derivative for immunohistochemistry : hepatocellular production, interstitial tissue distribution and renal cell reabsorption of plasma albumin in guinea pig マレイミド誘導体を用いた新しい酵素抗体標識法の免疫組織化学への応用 : モルモット血漿アルブミンの肝細胞における合成、間質組織における分布及び腎尿細管における再吸収について

この論文をさがす

著者

    • 鶴田, 潤二 ツルタ, ジュンジ

書誌事項

タイトル

Application of new method of antibody-enzyme-conjugation with maleimide derivative for immunohistochemistry : hepatocellular production, interstitial tissue distribution and renal cell reabsorption of plasma albumin in guinea pig

タイトル別名

マレイミド誘導体を用いた新しい酵素抗体標識法の免疫組織化学への応用 : モルモット血漿アルブミンの肝細胞における合成、間質組織における分布及び腎尿細管における再吸収について

著者名

鶴田, 潤二

著者別名

ツルタ, ジュンジ

学位授与大学

熊本大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

甲第600号

学位授与年月日

1984-03-24

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000013848
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000013856
  • NDL書誌ID
    • 000000178162
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ