肝切除後の予後判定の指標としての血清胆汁酸測定の意義 : 肝不全5例を含む肝癌切除15例の検討

この論文をさがす

著者

    • 中越, 完平 ナカゴシ, カンペイ

書誌事項

タイトル

肝切除後の予後判定の指標としての血清胆汁酸測定の意義 : 肝不全5例を含む肝癌切除15例の検討

著者名

中越, 完平

著者別名

ナカゴシ, カンペイ

学位授与大学

久留米大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第1309号

学位授与年月日

1987-04-01

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000017079
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000017099
  • NDL書誌ID
    • 000000181393
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ