Usefulness of intravenous dipyridamole combined with pacing stress for detection of myocardial ischemia in coronary artery disease 冠動脈疾患における心筋虚血検出法としてのdipyridamole静注負荷と心房ペーシング負荷の併用の有用性

この論文をさがす

著者

    • 栗本, 泰行 クリモト, ヤスユキ

書誌事項

タイトル

Usefulness of intravenous dipyridamole combined with pacing stress for detection of myocardial ischemia in coronary artery disease

タイトル別名

冠動脈疾患における心筋虚血検出法としてのdipyridamole静注負荷と心房ペーシング負荷の併用の有用性

著者名

栗本, 泰行

著者別名

クリモト, ヤスユキ

学位授与大学

神戸大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

甲第650号

学位授与年月日

1987-02-28

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000018886
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000018908
  • NDL書誌ID
    • 000000183200
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ