歯科臨床で使用されている薬物の発癌性と遺伝毒性の検討 : 6種類の歯科臨床で使用されている薬物(ホルモクレゾール、ヨードホルム、酸化亜鉛、クロロホルム、クロラムフェニコール、塩酸テトラサイクリン)の培養シリアン・ハムスター胎児細胞における形態形質転換、DNA傷害と姉妹染色分体交換誘導能について

この論文をさがす

著者

    • 鈴木, 博 スズキ, ヒロシ

書誌事項

タイトル

歯科臨床で使用されている薬物の発癌性と遺伝毒性の検討 : 6種類の歯科臨床で使用されている薬物(ホルモクレゾール、ヨードホルム、酸化亜鉛、クロロホルム、クロラムフェニコール、塩酸テトラサイクリン)の培養シリアン・ハムスター胎児細胞における形態形質転換、DNA傷害と姉妹染色分体交換誘導能について

著者名

鈴木, 博

著者別名

スズキ, ヒロシ

学位授与大学

日本歯科大学

取得学位

歯学博士

学位授与番号

甲第382号

学位授与年月日

1987-03-13

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000019318
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000019340
  • NDL書誌ID
    • 000000183632
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ