ラット腹腔肥満細胞からのアナフィラキシー性histamine遊離に対するdisodium cromoglycate,6,7-dihydro-6,8,8,10-tetramethyl-8H-pyrano[3,2-G]chromon-2-carboxylic acid(EAA)およびtranilastの抑制効果 : 細胞外Ca[2+]の影響および交叉タキフィラキシーの成立

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 池田, 滋樹 イケダ, シゲキ

書誌事項

タイトル

ラット腹腔肥満細胞からのアナフィラキシー性histamine遊離に対するdisodium cromoglycate,6,7-dihydro-6,8,8,10-tetramethyl-8H-pyrano[3,2-G]chromon-2-carboxylic acid(EAA)およびtranilastの抑制効果 : 細胞外Ca[2+]の影響および交叉タキフィラキシーの成立

著者名

池田, 滋樹

著者別名

イケダ, シゲキ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第1826号

学位授与年月日

1987-09-30

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000019372
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000019394
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000183686
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
ページトップへ