閉塞性黄疸に伴う急性胃粘膜病変の発生機序に関する実験的研究 : 主として閉塞性黄疸並びに減黄ラットにおける急性胃粘膜病変(AGML)の胃粘膜局所性因子の変動とシメチジンの予防効果について

この論文をさがす

著者

    • 竹内, 仁志 タケウチ, ヒトシ

書誌事項

タイトル

閉塞性黄疸に伴う急性胃粘膜病変の発生機序に関する実験的研究 : 主として閉塞性黄疸並びに減黄ラットにおける急性胃粘膜病変(AGML)の胃粘膜局所性因子の変動とシメチジンの予防効果について

著者名

竹内, 仁志

著者別名

タケウチ, ヒトシ

学位授与大学

広島大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第1295号

学位授与年月日

1985-02-28

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000023507
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000023535
  • NDL書誌ID
    • 000000187821
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ