Clinical significance of lymphokine-activated killer activity in childhood acute lymphoblastic leukemia 小児急性リンパ性白血病におけるリンホカイン活性化キラー細胞活性の臨床的意義

この論文をさがす

著者

    • 加藤, 正雄 カトウ, マサオ

書誌事項

タイトル

Clinical significance of lymphokine-activated killer activity in childhood acute lymphoblastic leukemia

タイトル別名

小児急性リンパ性白血病におけるリンホカイン活性化キラー細胞活性の臨床的意義

著者名

加藤, 正雄

著者別名

カトウ, マサオ

学位授与大学

信州大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

甲第243号

学位授与年月日

1987-03-31

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000025001
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000025035
  • NDL書誌ID
    • 000000189315
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ