Pathophysiological significance of serum type Ⅲ procollagen amino-terminal peptide in hepatic disease 肝疾患における血清Ⅲ型プロコラーゲンN末端ペプタイドの病態生理学的意義

この論文をさがす

著者

    • 宮本, 正俊 ミヤモト, マサトシ

書誌事項

タイトル

Pathophysiological significance of serum type Ⅲ procollagen amino-terminal peptide in hepatic disease

タイトル別名

肝疾患における血清Ⅲ型プロコラーゲンN末端ペプタイドの病態生理学的意義

著者名

宮本, 正俊

著者別名

ミヤモト, マサトシ

学位授与大学

日本大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第3375号

学位授与年月日

1986-11-28

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000028549
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000028596
  • NDL書誌ID
    • 000000192863
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ