Carcinogenicity in mice of a mutagenic compound, 2-amino-3-methylimidazo[4,5-f]quinoline, from broiled sardine, cooked beef and beef extract 焼いたイワシ,加熱調理した牛肉及び牛肉エキスに存在する変異原物質,2-アミノ-3-メチルイミダゾ[4,5-f]キノリンのマウスにおける発癌性

この論文をさがす

著者

    • 大垣, 比呂子 オオガキ, ヒロコ

書誌事項

タイトル

Carcinogenicity in mice of a mutagenic compound, 2-amino-3-methylimidazo[4,5-f]quinoline, from broiled sardine, cooked beef and beef extract

タイトル別名

焼いたイワシ,加熱調理した牛肉及び牛肉エキスに存在する変異原物質,2-アミノ-3-メチルイミダゾ[4,5-f]キノリンのマウスにおける発癌性

著者名

大垣, 比呂子

著者別名

オオガキ, ヒロコ

学位授与大学

東京大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第8081号

学位授与年月日

1986-12-10

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000031583
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000031639
  • NDL書誌ID
    • 000000195897
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ