Possible role of bone γ-carboxyglutamic acid-containing protein in the pathogenesis of vitamin K deficiency in early infancy 乳児ビタミンK欠乏症の病因における骨γ-カルボキシグルタミン酸含有蛋白質の役割

この論文をさがす

著者

    • 吉永, 宗義 ヨシナガ, ムネヨシ

書誌事項

タイトル

Possible role of bone γ-carboxyglutamic acid-containing protein in the pathogenesis of vitamin K deficiency in early infancy

タイトル別名

乳児ビタミンK欠乏症の病因における骨γ-カルボキシグルタミン酸含有蛋白質の役割

著者名

吉永, 宗義

著者別名

ヨシナガ, ムネヨシ

学位授与大学

長崎大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第845号

学位授与年月日

1987-09-30

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000031929
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000031985
  • NDL書誌ID
    • 000000196243
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ