The role of Ca[2+] and Ca[2+]-activated phospholipid-dependent protein kinase in degranulation of human neutrophils ヒト好中球の脱顆粒反応におけるCa[2+]とCa[2+],リン脂質依存性プロテインキナーゼの役割

この論文をさがす

著者

    • 康, 東天 カン, ドンチョン

書誌事項

タイトル

The role of Ca[2+] and Ca[2+]-activated phospholipid-dependent protein kinase in degranulation of human neutrophils

タイトル別名

ヒト好中球の脱顆粒反応におけるCa[2+]とCa[2+],リン脂質依存性プロテインキナーゼの役割

著者名

康, 東天

著者別名

カン, ドンチョン

学位授与大学

九州大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

甲第2260号

学位授与年月日

1988-03-26

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000032228
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000032284
  • NDL書誌ID
    • 000000196542
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ