Disseminated intravascular coagulation in newborn infants - prevalence in autopsies and significance as a cause of death 新生児剖検例における血管内凝固症候群の頻度とその死因としての意義

この論文をさがす

著者

    • 大樂, 雅史 ダイラク, マサシ

書誌事項

タイトル

Disseminated intravascular coagulation in newborn infants - prevalence in autopsies and significance as a cause of death

タイトル別名

新生児剖検例における血管内凝固症候群の頻度とその死因としての意義

著者名

大樂, 雅史

著者別名

ダイラク, マサシ

学位授与大学

九州大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

甲第1752号

学位授与年月日

1984-03-27

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000042161
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000042236
  • NDL書誌ID
    • 000000206475
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ