Clinical significance of stress-induced ST segment elevation in patients with previous anterior myocardial infarction analysis of lactate metabolism with atrial pacing 陳旧性前壁心筋梗塞症患者における負荷時ST上昇の臨床的意義

この論文をさがす

著者

    • 冷牟田, 浩司 ヒヤムタ, コウジ

書誌事項

タイトル

Clinical significance of stress-induced ST segment elevation in patients with previous anterior myocardial infarction analysis of lactate metabolism with atrial pacing

タイトル別名

陳旧性前壁心筋梗塞症患者における負荷時ST上昇の臨床的意義

著者名

冷牟田, 浩司

著者別名

ヒヤムタ, コウジ

学位授与大学

久留米大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第1449号

学位授与年月日

1988-12-01

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000044340
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000044420
  • NDL書誌ID
    • 000000208654
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ