The influence of Schistosoma mansoni infection on carcinogenesis of mouse livers initiated by N-2-fluorenylacetamide N-2-fluorenylacetamide投与によるマウスの肝腫瘍発生に及ぼすマンソン住血吸虫感染の影響

この論文をさがす

著者

    • 柿添, 有二 カキゾエ, ユウジ

書誌事項

タイトル

The influence of Schistosoma mansoni infection on carcinogenesis of mouse livers initiated by N-2-fluorenylacetamide

タイトル別名

N-2-fluorenylacetamide投与によるマウスの肝腫瘍発生に及ぼすマンソン住血吸虫感染の影響

著者名

柿添, 有二

著者別名

カキゾエ, ユウジ

学位授与大学

久留米大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第1451号

学位授与年月日

1988-12-01

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000044342
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000044422
  • NDL書誌ID
    • 000000208656
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ