幼虫移行症に関する研究 : 待機宿主内犬蛔虫幼虫の感染能と感染ラット血清抗体の推移 Stadies on Visceral Larva Migrans : Infectivity of Toxocara canis Larvae from Paratenic Host and Antibody Ti ters in Rats

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 井上, 洋子 イノウエ, ヒロコ

書誌事項

タイトル

幼虫移行症に関する研究 : 待機宿主内犬蛔虫幼虫の感染能と感染ラット血清抗体の推移

タイトル別名

Stadies on Visceral Larva Migrans : Infectivity of Toxocara canis Larvae from Paratenic Host and Antibody Ti ters in Rats

著者名

井上, 洋子

著者別名

イノウエ, ヒロコ

学位授与大学

広島大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第1709号

学位授与年月日

1988-03-15

注記・抄録

博士論文

犬蛔虫(Toxocara canis)の虫卵及び待機宿主である鶏より得た幼虫をラットに投与し、その感染能及び宿主に産出される抗体の推移をEnzyme-linked immunosorbent assay(ELISA)により比較検討した。 1)虫卵を鶏に投与した場合、21~25日間培養卵では1~10日後で5~18%、31日後で1.7%の感染率を示した。 2)鶏より得た幼虫をラットに感染した場合、幼虫投与1~3日後には、胃壁、肝臓、肺に多く存在し、10日後には脳及び筋肉内にも認められ、その感染率は1~2日後で10~19%、10~31日後で2~4%であった。なお1ヶ月後の幼虫の大きさは391~468(442)×20.0~20.6(20.3)㎛であった。 3)ELISAによりラット血清中の特異IgG抗体価の推移を検討した結果、虫卵投与群及び幼虫投与群とも投与1週より抗体が産出され始め、15~18週で最高値を示し、26.5週後まで陽性を持続していた。 4)成虫、幼虫、虫卵の三種抗原のうち陰性と陽性の差が明確であったのは、幼虫抗原、成虫抗原、虫卵抗原の順で、ELISA用抗原としては、幼虫抗原を使用することが好ましいと判断された。 以上の成績から、従来より知られている虫卵摂取という経路以外にも鶏などの宿主内の幼虫を摂取することにより、犬蛔虫の感染が成立するという経路が実験的に明らかとなった。

The infectivity of Toxocara cams to rats was studied using embryonated eggs or larvae from chickens, and the resulting antibodies titers were determined by ELISA. The results are summarized as follows. 1) In chickens infected with eggs, the infection rates from eggs incubated 21-25 days were 5-180n days 1 to 10, and 1.727777711040n day 31. 2) In rats infected with larvae from chickens, the larvae were mostly found in stomach wall, liver and lung on days 1 to 3, and also found in brain and muscle on day 10 after administration. The infection rates were 10-1926651125000n days 1 to 2 and 2-426651131640n days 10 to 31. The size of 31 days old larvae were 391-468μm in length and 20.0-20.6 fim in width. 3) The specific IgG of Toxocara cants were detected from 1 week after administration in rats infected with either eggs or larvae. The peak antibody titers occurred at 15 to 18 weeks and were kept up to 26.5 weeks after infection. 4) Among the three kinds of antigens, larval extract, adult extract or embryonated eggs extract, the larval antigen showed the highest ELISA titers. From the above mentioned results, it was found that larvae of Toxocara canis from the chicken as paratenic host was equally infections for rat as eggs.

広島大学医学雑誌, 35(6), 1417-1429, 昭62-12月(1987)

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000045846
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000045929
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000210160
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
ページトップへ